看護師求人サイトを使って求人先選び

看護師専門の転職サイトがとても人気がありテレビコマーシャルでも見る機会が多くなっています。その中にはユニークな制度もありますが、それが逆指名制度です。ここでは、看護師転職サービスの逆指名制度の流れをご紹介しておきたいと思います。なお、転職を急いでいる方は、看護師求人サイトランキングでオススメの転職サイトを探してください。

「逆指名制度」は、条件にあった意中の病院の求人がない場合、
求人状況などを代理で打診してくれるサービスです。
一般的な看護師の転職活動では、さほど重要視する必要はありませんが
目当ての病院が決まっている場合は役立つサービスです。
看護師専門の転職サイトを利用して転職活動をする場合

(1)待遇面の希望
(2)病院の人間関係や職場の雰囲気
(3)看護スタッフの平均年齢

――などの希望を聞かれながら一番良い転職へ向かっていきます。
ケースによっては希望する病院があり、その病院の求人がない場合も
あります。

たとえば「看護師の横繋がりで聞いた評判が良い病院に応募したいけれども
求人がない」ケースがあります。求人が出ていないから看護師募集をして
いないのかというと、そうでもないのです。
求人広告を出すには、それなりに費用がかかります。

「費用をかけてまで求人を出すほどではないが看護師確保をしておきたい」
病院もあります。
そんな病院に問合せをすれば十分に検討してくれる余地はあるでしょう。

サイト登録者の要望を聞いて希望する病院に対し
「看護師専門の転職サイトのスタッフ」が求人状況や条件などを確認します。
病院が受け入れ可能ならば面接選考に入り合格になれば採用になります。
以下のサイトは、看護師転職サイトを比較検討していますので、ご活用ください。

注意しておきたいのは逆指名制度をした病院が看護師専門の転職サイトと
契約していない場合は、このサポートやサービスが受けられないことです。

看護師の転職サイトは転職が成功した場合の紹介料で運営されているからです。
紹介先の病院から紹介料が入らない場合はサービスの提供は困難です。

整理しておくと次のような流れです。
逆指名制度は看護師専門の転職サイトが希望の病院の採用状況を問合せ
をしてくれて可能ならば選考を受けることになります。

その後は看護師専門の転職サイトと病院の契約状況によりサポートして
もらいながら転職活動をしていくという流れです。

通常の看護師の転職と違い少し特殊な形ですが、こういったアプローチも
可能です。

デイサービスで働く看護師について

最近は、高齢者が増え続けていることから、介護向けの仕事に携わる看護師が比較的多いと言えます。 そこで、今回はデイサービスで働く看護師について、ご紹介していくことにしましょう。デイサービスは、介護業界の中でもそこまで重度の高齢者が利用するサービスではありません。

そのため、看護師が働くといっても一般の病院の看護師とは仕事の内容がちょっと違います。基本的には、介護の仕事がメインとなりますし、医療現場とは違って医療行為らしきことはほとんど行わないのです。 では、何をするのかといいますと、例えば内服薬の管理や経管栄養の患者さんに対するケアくらいでしょうか。

勤務先によっては、介護のお手伝いをすることもあるようです。そのため、どちらかいうと看護の仕事というよりは、介護の仕事と考えていた方が良いでしょう。 また、メインが介護となると、看護師が現場を仕切るということはありませんし、今まで病院などでバリバリ働いてきたやり手の看護師であれば、少々物足りなさを感じてしまうといえます。

とはいえ、しばらくブランクがあった看護師や、短時間だけ働きたいという看護師にとっては最適な仕事だといえるでしょう。 なぜなら、どちらかというとのんびりとした雰囲気の中、仕事をすることができるからです。医療現場独特の慌ただしさがありませんので、マイペースで働けそうです。

以上、デイサービスで働く看護師についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。人によって、仕事の内容の合う合わないがはっきりとしてしまう仕事といえそうですが、今後も定期的に求人を見かけることが出てくるでしょう。

忙しい現場では働きたくない人や、できるだけ自分の時間を確保したい人であれば、どちらかというと最適だといえそうですので、挑戦してみてはいかがでしょうか。 看護師専門の求人サービスに無料登録して仕事を探してみると、意外と多くの求人を見つけることができるでしょう。時間があるときに、活用してみてはどうでしょうか。

看護師でも家庭の事情で長期休暇ってあり?!

看護師でも、家庭の事情で長期休暇を取りたい事があるといえます。しかし、看護師に限らず、医療に携わっている人の多くは、あまりにも多忙過ぎて自由に休みを取ることができないのではないでしょうか。 つまり、看護師として正職で働いているのであれば、長期休暇は非常に難しいということがいえそうです。

ちなみに、看護師が長期休暇を取りたいというときは、どのような時かといいますと、やはり家庭の事情という理由が一番多いといえそうです。 例えば、小さなお子さんがいて、夏休みや冬休みがあったり、介護のため自宅にいる時は病院や施設へ通っていたりと、人の数だけ状況が違ってきますが、実際問題、長期休暇を取ることはとても難しいといえます。

とはいえ、上手にやりくりしている人は、ちゃんと存在するんですね。中には、正職でも現場でバリバリ働いている看護師もいるようです。 これはどういうことなのでしょうか。人によっては、自分の実家に子供を預けたりすることで対処していたり、まとめて一時的に休みを取る人もいるようですが、やはり職場の環境に恵まれているという部分が一番大きいと言えます。

医療機関によっては、院内保育が設けられていたりするため、長期休暇を取ることなく仕事と家庭を両立できるということです。 また、仕事との両立がどうしても難しいということであれば、派遣やアルバイトとして働くという手もあるでしょう。派遣やアルバイトであれば、比較的残業も少ないですし、いざという時も仕事を辞めやすいと言えます。

また、看護師の仕事は派遣やアルバイトとはいえ、他の職種と比較するととても高給ですので、生活をしていく分には特に問題はありません。 保険や年金などが付いていないケースがあることは、覚悟しておく必要がありますが、派遣であれば派遣会社の方の保険や年金制度を利用することができるケースもあるでしょう。

このように、看護師という職業上、なかなか長期休暇を取ることは難しいという結論にはなりましたが、最終的には工夫次第でなんとかなるということが分かります。転職を考えているなら、雇用形態を見直すことから始めてみてはどうでしょうか。

ページの先頭へ